スマートフォン市場の現状と今後の動向

スマートフォン市場の現状と今後の動向

スマートフォン市場の現状と今後の動向

スマートフォンは現在、一部のコンシューマから視線を注がれている物で、通話とPDA機能の両方が出来ると言う事がその理由となっています。

 

各携帯電話事業者ではスマートフォンの新機種を次々と発売しているようですが、今後スマートフォンと言うのはどう言うように展開されていき、どう言う方向に進んでいくのか注目が集まる所だと思います。

 

recomend

 

今まではPDAと言うと、音声通話機能が付いていなかった為にある程度の売れ行きは期待できたのですが、今は一部の法人向けの端末を除いては需要が低迷しているのが現状です。しかし、音声通話機能付きのPDA、つまりスマートフォンは年間出荷台数が50万台を超えるなど順調に市場を拡大して言っているのも現状です。

 

このスマートフォンの先駆けとなったのが2005年に日本で発売されてウィルコムの「W-ZERO3」だと思います。これをきっかけにNTTdocomoでは「hTc Z」(台湾HTC)、「BlackBerry 8707h」(Research In Motion社)を市場に投入したし、ソフトバンクでは同じ台湾HTC社の「X01HT」、アップル社の「iPhone」を投入するなどスマートフォン市場が活気付いてきた様に感じます。

 

今後もNokiaが撤退はしますが、KDDIからもスマートフォンが発売されるようになりますし、新製品に期待がかかる様な感じがしますし、スマートフォン市場の先行きも楽しみな感じがします。

ホーム RSS購読 サイトマップ